本の内容
主人公・半井紅太郎は脱サラ後、世捨て人気取りで福島県の葛尾村に小さな学習塾を開く。過疎化が進む村の未来を危惧し半井を頼り始める生徒たち。いつしか塾の仕事にのめり込み、学力向上にとどまらず、躾、差別、いじめ、お金、生と死、宗教などから生徒たちに生き方を説いてゆく半井。その思いを受け止め学んでいく教え子たちの、小学6年から高校受験までの笑いと涙の成長記録。実話に基づく心温まる物語である。著者は現在、福島ステークホルダー調整協議会事務局長、伊達市健康相談窓口担当など数々の活動から、福島の子どもたちの放射線問題に深く関わり、県内の母親たちから絶大な信頼を得ている。  
 
  タイトル ベントン先生のチョコボール
  著者 半井 紅太郎 (なからい こうたろう)
  発売日 平成24年10月19日
  価格  税込 2,057円
  出版社 朝日新聞出版
  TEL 03-6807-7935(携帯090-9632-3620)
  申込はこちらから
  その他ネット販売店様
  ・セブンネット
  ・楽天ブックス
  ・YAHOO!ショッピング
  ・オンライン書店e-hon
  ・紀伊國屋書店BookWeb
  ・Amazon.co.jp
  ・HonyaClub.com